終わりよければすべてよし」というが、一日の終わりの「眠り」が心地よければ、その日一日がいいものになるような気がする。

今回は、様終わりよければすべてよし」というが、一日の終わりの「眠り」が心地よければ、その日一日がいいものになるような気がする。

今回は、様

お香を焚いて香りに包まれる

DIYで生まれ変わった築38年の和室。
の部屋にはいつも癒しの香りが漂っている。

" 部屋のあちこちにお香立てを置いている。一人暮らしを始めた頃からのテ香り」は、今でも大切にしている部屋の要素のひとつだ。

特に間接照明だけで過ごす夜には、お香はマストアイテム。特にリスンのお香が好きで、1日1~2本くらい消費します。音楽を聴きながら煙を眺める時間は、この部屋でしか感じることのできない特別な時間で、没頭しています。" (io)

これを使うか使わないかで、私の睡眠の質は大きく変わる。

ンがリラックスできる空間を演出している。ンがリラックスできる空間を演出している。

ンがリラックスできる空間を演出している。ンがリラックスできる空間を演出している。





安藤のキッチンは新品のようにピカピカだ。2年も使ったとは思えない。

その秘密は、1日を気持ちよく終える「キッチンリセット」の習慣にある。

キッチンリセット」が終わると、スッキリした気分で一日を終えることができ、次の日を気持ちよく迎えることができる。

"ドアを閉めると壁に映像が映るので、寝る前にいろいろ見ています。

「いつも一瞬で寝てしまうんです」(AA)

常温水で何回も洗っても落ちないあの汚れについた箇所を、お湯でやってみませんか?直ちにお湯を噴射